Q アートヤーンには撚り止めするんですか?

0

    Q アートヤーンには撚り止めするんですか?
    Q 欧米ではしないようですが、私たち日本人は作品化することが多いので、撚り止め必須! と考えましょう。


    レクシーさんがワークショップの最後「この糸には、撚り止めしません!」と言ったのが、とても印象的でした♪
    それは3ステップの技法で紡いだ「ナバホ撚り」の糸でした。
    どうもアートヤーンは、基本、撚り止めしないもの、と感じました。

    でも、作品に展開する時は撚り止めが必要、と私は感じています。
    たとえば、この巻きスカートを織った時ですが



    織る前に、すべてのアートヤーンに「お湯につける撚り止め」をほどこしました。

    最近は、アートヤーンを販売する方も多いので、購入された方が作品化した後に縮みが出ないよう、基本、「お湯につける撚り止め」をしておくのをお勧めします。

    ■撚りどめとは?
    紡いだばかりの糸は、無駄な撚りも入っていて、撚りが強く、ぐねんぐねんとねじれています。この撚りはしばらく時間が経つと平均化されてきますので、紡いだらカセにとって、ハンガーなどにかけておくのがよいでしょう。さらに、織ったり編んだりする前に、完全に無駄な撚りを取り、全体の撚りを平均化します。この方法を「撚りどめ」といいます。
     
    ■お湯につける撚りどめ (編み物用撚りどめ)
    編み物はゲージをとってから実寸大で編み始めます。そのため編みあがってから糸の長さや太さが変わるとたいへんなので、撚り止めによって糸をめいっぱい膨らませておきます。

    (1)お風呂ぐらいの温度(40〜42度)のお湯を洗面器やたらいにたっぷり張って、完成したカセを20分ひたします。
    (2)軽く脱水をかけます。5〜10秒程度。(ドラム式洗濯機には入れてはいけません。
       その場合は、手でおにぎりしぼりにしてから、ざっとタオルドライします)

    (3)繊細な糸の場合は、バスタオルなどの上に平置きしてゆっくり乾燥させます。
       そこまで気遣いのいらない糸なら物干しにかけて。陰干しをおすすめします。

     


    自宅で紡ごう『DVD アートヤーン・レッスン』 好評発売中

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村本日もお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.06.05 Monday
      • -
      • 06:19
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック


      PR