スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.06.05 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    道具と素材が買えるお店

    0

      *すみませんが敬称略 順不同 とさせていただきます。思いつきのままに・・・

      ■羊毛・獣毛素材を買うなら!

      ★染TAKE

      メリノとクロスブレッドがメインの染め羊毛屋さん。スパークルナイロンもあります!
      お得な価格と、美しい色が大人気♪ 
      私もめっちゃ利用してます^^v

      ★kakara wool works

      羊毛(フリース&ローヴィング)、アンジェリーナファイバー、染め羊毛、サリーファイバー、羊毛染めに最適な染料・ランドスケープスダイなど、素材関連と、道具のすべてが買えます!


      ★SPINUTS

      珍しい英国羊毛が購入できる、日本で唯一のお店です。
      キッドモヘアもいいですよ^^v

      ★アナンダ

      いろんな種類の羊のトップ・スライバー、スカードが買えます。ただし、スカードは安いけど、決して使いやすい状態ではありません。しっかりカードをかける必要あり。
      年に一度の「フリース祭り」では、ニュージーランド直輸入の原毛が選び放題です!

      ★ペレンデール鎌倉

      羊毛素材や、付属の道具類がいろいろあります。ここのオリジナルネップはめちゃかわいい〜〜
      くりくり巻き毛など、アクセントに使いたい羊毛も豊富です!


      ★国産羊毛を牧場で買おう!

      サフォーク・ポールドーセットが豊富で安い 茶路めん羊牧場

      チェビオット・サフォークが豊富! カラードもいっぱい! ひつじまるごと研究所

      ひつじの種類豊富! 石田めん羊牧場


      ■糸を買うなら!

      ★アヴリル

      かわいい糸のお店。とことんデザインされた糸は、撚り合わせ用に最適!
      年2回開催されるバーゲンや、福箱セールの時に、シンプルな糸をどばーっと買い置きして、コアヤーンに使ってます^^v


      ★きんしょう

      糸のお店。金糸、銀糸がほそ〜くて繊細でイイ感じ♪ モヘアやメリノなどの糸も、フリースの感触がちゃんと伝わってくる仕上がりです。
      こういう糸が欲しいんや〜〜〜!と狙いを定めてる時、ぜひチェックしてほしいお店。


      ■道具を買うなら!

      ★kakara wool works

      マジャクラフトやルエの紡ぎ車とドラムカーダー、羊毛(フリース&ローヴィング)、アンジェリーナファイバー、染め羊毛、サリーファイバー、羊毛染めに最適な染料・ランドスケープスダイ、そしてこまごました道具まで!
      アートヤーン紡ぎに必要な全商品がここで買えます!

      倉敷本店事務所(ネットショップ)
      営業日:月曜〜金曜 10時〜17時、定休日:土曜・日曜・祝日


      ■実店舗■Kakara Woolworks 北本店
      営業日/ 火曜日〜土曜日 10:00〜17:00
      定休日/ 日曜日・月曜日・祝日(お盆休み・年末年始休み有)

      住所:〒364-0031
      埼玉県北本市中央1-109 B-102
      TEL 048-577-5138
      FAX 048-577-5139
      kitamoto@kakara-woolworks.com


      ★アナンダ

      東京吉祥寺店・山梨本店
      アシュフォード社の紡ぎ車とドラムカーダー、羊毛(フリースとローヴィングがいっぱい)、付属の道具類、サリーのリサイクル糸も買えます。そして、シルク素材や植物系ファイバーが種類豊富!
      羊毛はもちろん、いろんな天然素材を探す時には、ぜひ覗きたいお店。



      にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
      にほんブログ村本日もお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m


      スポンサーサイト

      0
        • 2017.06.05 Monday
        • -
        • 18:01
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        関連する記事
          コメント
          コメントする








             
          この記事のトラックバックURL
          トラックバック


          PR