ashford Traditional トラディショナル

0
    アートヤーン・スピニングにベストな紡ぎ車★その5


    ashford Traditional トラディショナル

    ★紡げるアートヤーン 極細〜極太(直径2.5cmていどまで)

    ★原毛(フリース)紡ぎ バッチリ

    ★ご予算 本体6万円代前半 付属品 15000円まで(2015年4月現在)

    ★糸口の高さ 70cm



    アナンダ金の羊、 クラフトひつじ座などで購入できます。

    価格安定、はじめての紡ぎ車として購入する人が圧倒的多数、日本人に愛されている紡ぎ車、
    それがトラディショナルです。

    標準装備の丸型ファインフライヤーは、とても弱い力からとても強い力まで、カンタンに調整できます。
    とくに、弱い力での吸い込みがよいです。
    どんなに繊細な羊毛繊維でも優しく吸い込んでくれるので、ほんとは、アートヤーンのための紡毛機というより、原毛紡ぎのための紡毛機です。

    でも、あえてこれをオススメするのは、「細い糸も、アートヤーンも、どっちも紡ぎたい〜」という人のためにです。
    さらに、太い、といっても、アドインがごろんごろん入った、編んだり織ったりしづらいアートヤーンではなく、最大が2cm直径のぽこぽこしたアートヤーンぐらいがかわいくっていい!という方にも、この機種は実際に人気!!
    おとぎ話の紡ぎ車そのままの形であることも、人気のポイントでしょう!

    そして、お財布にやさしい価格で最初のひとそろえがそろう!というのもウレシイことではありませんか!

    アートヤーン紡ぎのためには、別売りの
    スライディングフック ジャンボ フライヤーが必要です。



    <油さし、ネジ調整について>
    かつてトラディショナルは、「手のかかる子」でした。私が買った当時(2009年)のタイプは、1時間も踏んでたらペダルが重くなって「油さして〜〜」状態になります。
    油、といっても私は原毛紡ぎのbaru先生から、白色ワセリンを勧められ、愛用しています。
    主に、金属部品と、木部品が接触してる部分になすりつけます。
    ワセリンは、黒ずまないので、もしそこに紡いだ毛糸が触れても、汚れがつきません(ミシン油を使うと、毛糸に汚れがつくことがあります)

    が、2013年にはアシュフォードの全商品(キウイのみ未確認)にベアリングが入ったそうです!

    ですので今から購入なさる方にとっては、油さしもほとんどいらず、ペダルも軽々、長時間踏んでもまるで疲れないトラディショナルが届くでしょう!!

    部品を止めてあるネジのゆるみはどうでしょうか?
    ベアリングで動きがスムーズになったトラディショナルなら、これまでのように、ネジがちょいちょい緩む、ということもないかもしれません!!

    でも、ネジがゆるんでも、手元に六角レンチを置いておいて、きゅっきゅっと締めてあげれば、それでOKです!

    <難点>

    ’鯡擇琉貳岼造ぅ織ぅ廚鯒磴Δ函⊆分で塗装する必要があります!
    塗装しないで使ってる人もいますが、私は何台か、木材が歪んでしまったトラディショナルを目撃しています。

    ちなみに、私は柿渋を塗りました。
    組み立てに自信がなかったので、アナンダで組立済みのを購入したためです。
    完成してる紡ぎ車にニスやラッカーを塗ると、部品どうしがくっつきそうで恐かったので!
    柿渋、塗ってるときはくさいけど、良い風合いに仕上がりますよ^^v

    なお、クラフトひつじ座では、アシュフォードの紡ぎ車すべて、組み立て済みの完成品での購入が可能です。組み立て料は無料です!!


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村 本日もお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.12.13 Wednesday
      • -
      • 11:10
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック


      PR