Q アートヤーンを紡いでる時、オリフィスの中に吸い込まれていきません!

0

    Q  アートヤーンを紡いでる時、オリフィスの中に吸い込まれていきません
    A  原因はいくつかあります。


    アートヤーン用のフライヤーを使っていることを前提として、原因を探っていきます。

    (1)アートヤーンはごろごろしたヤーンですので、10cmほど紡げたら、すぐに吸い込み口のほうに送ってやらないと吸い込まれません。
    両手で糸を差しだすように吸い込み口にヤーンを入れていく作業が必要なのです。
    つまり、アートヤーンには、ロングドローはない!ということ。
    全部ショートドローです。
    20cm近くもコイルなどを作ってしまっては、ほぼ、吸い込んでくれません。その時にはあきらめて、手でボビンを回して巻きとってください。
    この時に、なんとか吸い込ませようとして、どんどんペダルを踏むと、一気に強撚になってしまうので要注意!
    大切なのは、10cmほど紡げたら、すぐに吸い込み口のほうへ糸を送ってやることです^^v

    (2)アートヤーンは手元の作業が多いですね。その作業中に、足をどんどん踏んでると、めっちゃ強撚になってしまいます。
    強撚になると、あちこちにひっかかって、オリフィスに吸い込まれないことが多いです。
    手の作業が慣れなくて、まだゆっくりの時は、ペダル踏み踏みも、ゆーっくりにしてください。

    (3)ブレーキが弱すぎて、吸い込み力が落ちていませんか?
    ブレーキを適度な強さにしましょう。ふつうの糸紡ぎよりも、やや強めです。
    また最初は適度なブレーキ加減でも、ヤーンがボビンにたくさん巻きつくと、吸い込み力が落ちてきて、しまいにぜんぜん吸い込まなくなります。
    ボビンにヤーンが巻きつくほどに、ブレーキも、少しずつ、だんだん強くしていってくださいね。


    (4)オリフィスから吸い込んだ先のフライヤーの金具に、ヤーンのケバが引っ掛かりっていませんか?
    これもよく起こります。ちょっとでも「吸い込まない!」と思ったら、足を止め、すぐにフライヤーを確認してくださいね!




    以上の4点を意識して紡いでみてください!
     

     

    おうちでもアートヤーンレッスン^^v

     

    スピンドルでアートヤーン♫ 糸紡ぎの基本レッスン付

    DVD「スピンドルでアートヤーン」

    youtubeはこちら

     

    ■紡ぎ車でアートヤーン・日本語テキスト付

    DVD「アートヤーン・レッスン」

     


      にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村 本日もお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.12.13 Wednesday
      • -
      • 06:24
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック


      PR