スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.06.05 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    キラキラ系ファイバー

    0
      アートヤーンって、キラキラした素材がまじってる!って印象、ありませんか?

      最近では、フリースそのまま、自然な羊ちゃんの毛の艶を生かしたアートヤーンもたくさんありますが、初期のころは化学な感じのキラッキラした繊維が目を引きましたよね♪

      あのキラキラ、アンジェリーナファイバーと言います。

      この写真の中央、銀色、その横の薄緑、右下の金色が、アンジェリーナファイバーです。
      アンジェリーナファイバーは kakara wool worksさん や、woolery などで買えます。

      アンジェリーナはとっても細い繊維なので、羊毛と羊毛の間に挟んで、ドラムカーダーに入れると、無駄が出ません!



      さて、銀色の下の濃いピンクは、スパークナイロン という素材です。
      ナイロンと羊毛を混ぜて、ローヴィング(スライバー)にしてあったり、
      ナイロン100%でローヴィングになっていたりします。

      たいてい白のローヴィングで売ってます。
      私は先日、酸性染料で染めてみました。



      鮮やかに色が出ているところが、スパークナイロン。
      ぼーっと濁り色になっているところは、グレーがかったロムニーなどの羊毛です。

      やや色ムラが出ましたが、バッツにすると、色の濃淡が出てかえって良い感じになりました。
      ことに、左手の黄土色(ランドスケープスダイ マスタード)で、スパークナイロンを染めると、金糸のような効果が出せます。

      グリーン系に染めたコリデールと混ぜたところ。
      金色っぽく光っているのが、上の写真のスパークナイロンです。



      スパークナイロンは、ヤフオクに出ることが多いようです。
      私もよく、大量購入したお友達から横流ししてもらいます^^>
      海外ネットショップで売っていることも!


      ちなみに、写真左上の紫色は、リンカーンという羊ちゃんのフリースを買ってきて、
      毛の房(ステープル)の形を残したまま丁寧に洗って、紫に染めたものです。
      つや〜〜〜っとしてて、いい感じでしょう?
      キラッキラ系にはない、天然のゴージャス感が出せます。

      フリースは、羊毛を扱う店なら、どこででも買えます。

      紫の隣上の、もや〜〜っとした薄緑は、シルク真綿です。アナンダやwoolerlyでは、さまざまな「紡ぎ用シルク」が買えます。

      その右横の白いのは、バナナシルク!
      飴のような不思議な艶を持ちます。

      皆さんも、自分ならではのキラキラ ツヤツヤ素材、探してみてくださいね^^v
      にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
      にほんブログ村本日もお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.06.05 Monday
        • -
        • 09:00
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック


        PR